エボラ出血熱により最も深刻な被害を受けた3カ国では数十万人が飢餓に瀕している

©FAO/Peter DiCampo 
 本日、国連の2機関は、食料へのアクセスが劇的に改善され、かつ、穀物と家畜の生産を保護するための対策が適正になされなければ、ギニア、リベリアそしてシエラレオネにおいてエボラ感染によって食料不安に直面する人々は、2015年3月までに100万人を上回る可能性があると警告した。 本日、国連食糧農業機関(FAO)と国連世界食糧計画...
[さらに見る]
  • International Year of Soils (IYS2015)
    国際土壌年(IYS2015)
    公式サイト(英語)
  • 季刊誌『世界の農林水産』2014年秋号
    書籍
  • 世界の食料不安の現状 2013年報告
    書籍
  • 世界食料農業白書
    2013年報告

    書籍