FAO食料価格指数は3ヶ月連続で低下

©FAO/Marco Salustro
6月までのFAO食料価格指数は3ヶ月連続で低下した 。豊富な供給の結果に加え、世界的な生産の見通しが  好転したことによる小麦、トウモロコシ、およびパーム油の価格低下が主に影響を与えた。  最新のFAOの報告書「穀物見通しと食料事情」によると、多くの国で主食となっている穀物の世界生産の見通しは、2014-15年の粗粒穀物および小麦供給に対する上方修正によって更に...
[さらに見る]
  • Online consultation
    Food Security and Nutrition Forum
  • 季刊誌『世界の農林水産』2014年夏号
    書籍
  • 世界の食料不安の現状 2013年報告
    書籍
  • 世界食料農業白書
    2013年報告

    書籍